セーラー服や制服の買取をお考えの方、まずはセーラー服買取エコスルに買取査定をお申込み下さい!中学校、高校、小学校のセーラー服、学生服、制服買取専門だから高額買い取りできます。

【調査】制服買取デジタルウェブはブルセラショップでした

【調査】制服買取デジタルウェブはブルセラショップでした
不要になった制服を買い取ってくれるショップがインターネット上で増えているのをご存知でしょうか。たくさんの制服買取業者がある中で、なんと制服買取を専門にしているデジタルウェブがブルセラショップだったという噂が!そこで今回は、制服買取デジタルウェブが本当に怪しいブルセラショップなのかを徹底調査してみました!

制服買取業者が注目を集めている理由
中学や高校で使用していた制服は、転校や卒業を機に不要となるものですよね。日本の制服は丈夫な生地で仕立てもよく、多少の汚れやほつれはあってもまだまだ着られるものがほとんどです。そんな中、「もう着なくなってしまった制服を捨てるのはもったいない」と感じている人が増えつつあるようです。

親しい後輩がいる場合は、その人に譲ってあげるという人もいるでしょう。まだまだ着られる制服を有効活用するためのもっとも確実で安心な方法ですよね。けれど、譲りたい人が周りにいない場合はどうしますか?次に考えられるのは、「捨てる」、「寄付する」、「売る」の3つの選択肢です。この中で選ぶとすれば、「どうせ捨てるなら、少しでもお金にしたい」というのが一番なのでないでしょうか。実際、こうした傾向の高まりとともに、「不要な制服を売却したい」というニーズが年々多くなる傾向にあります。

実際に制服を売る手段としては、フリマアプリやネットオークションを利用するのが最も手軽でかんたんな方法だといえるでしょう。しかし、メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのネットオークションでは、個人情報が相手に知られてしまうため、なにかと不安も大きく、トラブルの要因となってしまう可能性があります。
そもそも制服の売買はフリマアプリやネットオークションで出品されるのは禁止されており、もし、出品した場合は、その人のアカウント停止などの重い処分が課せられることになります。

こうした背景が、古物商として認可を受けた制服買取専門店を利用する人たちが増えてきた理由といえるのではないでしょうか。現在では、多くの制服買取専門業者がインターネットを中心に増加し続けています。

ブルセラショップと制服買取業者の違い
制服を買い取って中古服として販売していると聞くだけで、なにやら「怪しい…」と感じる人は多いのではないでしょうか。
1990年代に大きな社会問題となったブルセラショップのイメージが強いので、制服買取業者もそうした印象を感じてしまう傾向が強いようです。

ブルセラショップとは、使用済みの制服や体操服、スクール水着や靴下、下着などを女子高生から買取り、そういった趣味を持つ人たちへ性的な目的で買い取った制服の販売を行うというアダルトショップです。当時は大きな社会問題となり、お小遣い稼ぎを目的とした女子高生なども多くいたようですが、地方自治自体で青少年保護法が制定され、使用済みの制服を未成年者が売却することは厳しく制限されるようになりました。ちなみに売る側が未成年者だった場合、保護者の同行なしに制服を売ると30万円以下の罰金に処されるとのこと。しかし、いまだにこうしたブルセラショップは日本の各地に点在し、インターネットや口コミを通じて買取・販売などを違法に行っています。

不要になった制服は、古物として扱われることになります。アダルト目的ではなく、着ていた制服が小さくなってしまった、転校先の制服を安く手に入れたいなど、本来の目的で中古制服を探している人は、古物商として公安委員会から認可を受けた制服買取業者を利用するべきです。

正規事業として登録がなされているため、事業内容や会社の所在地などが明確になっており、万が一の責任の所在も明らかです。また、個人情報や商品管理などについての遵守事項が厳しく定められているので、個人情報の管理や取引内容の有無なども厳重に管理されていることが義務付けられています。

当然、制服を売る側としては、しっかりした健全な制服買取業者を選びたいものです。インターネット上には、それぞれのサービスや高価買取を謳った制服買取の専門業者がたくさんホームページを掲載しています。

ちなみに、古物商が行う古物商取引では、買取価格が1万円を超える場合、本人確認のための身分証の提示と本人確認のための書類提出が義務付けられています。もちろんこうして知り得た個人情報は厳重に管理し、情報漏洩や第三者への情報提供などが行われないようにすることが大前提となっています。売却後のトラブルを防ぐためにも、違法なブルセラショップやSNSなどを利用した個人間での取引は絶対にやめましょう。

制服買取デジタルウェブの特徴
口コミ評価No1を掲げている制服買取は、近年インターネットで注目を集めている制服買取業者のひとつです。「事前に買取価格がわかる」、「見積もり無料」、「宅配買取や出張買取もOK」というキャッチコピーでホームページを展開しています。
売った制服は、オークションを通じて販売しているとのこと。購入者は制服コレクターとのことでした。
制服コレクターがどんな人たちを指しているのか?コレクターというと聞こえはいいけれど、アダルト目的なのでは?と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
デジタルウェブでは、買い取った制服は高値で販売しているため、アダルト目的だけで利用するコレクターは少ないという概念であるようです。ホームページを見る限りでは、「匂いはクリーニングできれいに除去するので、アダルト目的で利用されることは少ない」とのことでした。
また、「ネーム入り刺繍があっても個人を特定する情報にはつながらないので、その後のトラブルになることもありえない」とのことでした。
アダルト目的での利用は少ない・ネーム入り刺繍は個人の特定に繋がらないという確信はどこからくるのか、また、その保証はされているのかどうかなど、いくつかの不安が残りました。

業界最多の買取実績があるというデジタルウェブ。これまでにデジタルウェブが買い取った実績などはTwitterなどで配信されているようで、だれでも気軽に閲覧することができます。

日本全国からたくさんの制服を買い取っているとの実績が公開されていますが、買い取ってもらえるのは、女子制服のみのようです。男子制服の買取の有無についての明確な記載は見つけることはできませんでしたので、どうしてもデジタルウェブで制服を買い取ってもらいたいという場合は、直接店舗に問い合わせてみる必要がありそうです。
また、デジタルウェブでは、10年前、20年前の制服も買い取ってくれるとのこと。商業高校の制服は特に人気が高いようで、高価買取の記載を見つけることができました。

気になる点としては、デジタルウェブのホームページ上からは公安委員会からの認可番号などは見つけることはできませんでした。もしかしたらデジタルウェブは、古物商としての認可を受けているわけではないのかもしれませんね。

制服買取デジタルウェブの怪しい点
デジタルウェブのホームページを見ているといくつか気になる点があったので、ここでもう少し詳しくご紹介しておきます。

デジタルウェブ8つの怪しい点
1.登録されている店名が表記名と異なる
デジタルウェブを調査していて、一番怪しいと感じた点は、お店の名前です。ホームページや口コミサイトを見ても紹介されている表記名は全て「Digital Web(デジタルウェブ)」となっているにもかかわらず、登記名は「Digital Wave(デジタルウェーブ)」となっているのです。「これはどうしてなのか」と大きな疑問を感じたので、さっそく調査したところ、買取を行うのがデジタルウェブ、販売を行っているのがデジタルウェーブとのことでした。

2.ホームページは文字ばかり
たくさんの文章が羅列されたホームページがいけないというわけではありませんが、見る側の立場を考えた場合、見出しを設定したり、画像を挿入したり、ページ全体を見やすくレイアウトするなどの工夫が必要です。しかし、デジタルウェブのホームページでは、こうした工夫は一切見られず、ただ単調な文章がつらつらと並んでいるのみでした。

誤字や脱字も多く見受けられ、「お金を掛けたくない」、「見やすさはどうでもよい」などの気持ちが伝わってくるようで、とても見る側の立場を考えたページ作りをしているとは感じられるものではありませんでした。大切な広告媒体をぞんざいに扱うような業者が、本当に高価買取してくれるのだろうかと、なにやら疑わしく感じてしまいました。

3.リンクのほとんどは査定・買取申し込みフォームへジャンプする
上記と重複する内容ではありますが、一般的なホームページでは、見る側の立場を考えて制作を行います。しかし、デジタルウェブのホームページは、文章ばかりが多いので見づらいばかりか、設定されているリンクのほとんどが、査定・買取申し込みフォームへジャンプするものばかりでした。本意ではないのかもしれませんが、「早く申し込め」といわれているような気分になってしまいました。

4.誹謗中傷が多い
ホームページを見ていると感じるのが、他社への誹謗中傷です。ピーチメロン洋品店や、さくらやなどの実名を出し、堂々と誹謗中傷の書き込みが見受けられるのはさすがに不快感を覚えました。特にスクユニや制服販売ドンキーへの批判は明確で、「何かうらみでもあるのだろうか」、「自社サービスに自信があるなら、他社はどうでもいいのではないか」、「どうしてこんなに他社を貶めるような書き込みをするのだろう」と首をかしげてしまうほどでした。
日本企業では、他社を誹謗中傷することは、大手企業はもちろん、中小企業でも当たり前すぎるほどの常識です。ここまで他社を貶めるような書き込みを自社のホームページに堂々と書き込んでしまうデジタルウェブは、こうした一般的な常識などは関係ないものなのだろうかと大きな不安を感じてしまいました。

5.購入者は制服コレクター
デジタルウェブで制服を購入する人たちの多くは、制服コレクターなのだとか。コレクターと聞くと、なにやら高価なアンティークや古物をイメージしてしまいますが、自分の気に入った制服を買い集めているマニアたちといったほうが近しいのではないでしょうか。アダルト目的ではないということですが、実際にネーム入りの刺繍がされたままの制服を購入してどんな目的で使用しているのかはわかりませんよね。

6. 当店だけの価格保障システムとは?
デジタルウェブには、「見積価格=買取価格の当店だけの価格保証システム」が設けられているとのことでした。しかし、この価格保証システムがどのような仕組みで、私たちにどんなメリットがあるのかなどの記載はありませんでした。もしかしたらページのどこかに表記されているのかもしれませんが、まったく見つけることができませんでした。

7.個人情報保護方針が不明瞭
古物商として許可を取る際には、個人情報保護指針の遵守とともに、その内容を明確に記しておくものです。
個人情報保護指針には、「個人情報保護指針」、「個人情報の適正な取得」、「個人情報の利用目的」、「個人情報の安全管理・保管」、「第三者への提供について」、「保有個人情報の開示・訂正」、「個人情報保護指針の継続的改善」などがあり、古物商の認可を受けた業者であれば、こうした記載内容はしっかりとホームページに掲載しておくのが一般的です。
しかし、残念なことにデジタルウェブのホームページには、「個人情報保護方針」として記載されているものは、「お客様とのご連絡の場合」と題した内容で、「一定の状況を除いてお客様の断りなく第三者に個人情報を開示・提供しない」という原則の下、法令に基づく場合や国の機関・地方公共団体、もしくはその委託を受けたものが法令に基づく事務を遂行する場合には情報を提供することがあります。
また、人の生命や身体・財産の保護のために個人情報の開示が必要な場合にも、情報を提供しますといった内容が記載されています。
また、お預かりした個人情報は、適切に管理を行い、紛失や漏洩・改ざんなどがないように徹底した管理を行いますといった約束事も記載されています。
一見、確りした文章のように見えますが、こうした文書は本来法律の記載をそのまま掲載する、もしくはすべてをきちんとわかりやすく掲載するものです。
古物商としての登録をきちんと行っているのであれば、お店の信頼度にもつながる記載内容は明確かつ、正確なものでなくてはなりません。

8.リンク先が怪しいランキングサイトだった!
デジタルウェブのトップページを最後までスクロールしていくと、ページの一番下に「Web Shop探検隊」というリンクが貼られています。ここをクリックすると、制服や学生服を販売しているショップがランキング形式で掲載されていました。
一見普通のランキングサイトなのかと思いきや、デジタルウェブが買い取った制服を販売しているネットオークション「制服市場」と一緒にたくさんの「ブルセラショップ」とはっきり明記されたサイトなどが掲載されていました。

店主からのアドバイスが疑問
デジタルウェブのホームページのトップに店主(店長のことと思われます)のアドバイスがありました。上と重複する点もありますが、かなり気になる内容が記載されていましたので、大まかな内容を以下でご紹介しておきます。

1つ目の記事:デジタルウェブで制服を購入する人の多くは、制服のコレクターとのことでした。デジタルウェブを利用するコレクターのほとんどは、リボンやブラウス、靴下、体操服など、すべてセットで購入したいという傾向が強いため、コレクターに高値で買い取ってもらうには、セットで売却するほうがよいとのことでした。

2つ目の記事:店長の主観による人気制服の評価や、実際に人気の高い制服傾向などが記載されていました。詳細内容を見ると、ブレザーやチェックスカートなどの制服が高い人気を誇っているとのこと。ワンピースやセーラー服などあまり人気はないが、希少性からの評価は高いとのことのようです。閉校・モデルチェンジで見ることのできなくなった古い制服もこのような評価があるからこそ、買取の対象となっているのがわかりました。

3つ目の記事:デジタルウェブを利用する制服コレクターは、それぞれのお気に入りの学校があり、そこの制服をコレクションする傾向にあるとのこと。
やはりコレクターというニーズがどんな客層であるのかが少し不安になってしまいました…。

4.デジタルウェブによると、制服の買取は技術なのだそうです。制服を売りたいと考えている立場からすると、「どんな技術なのだろう」と考えてしまいますね。たくさんの制服を見てきたので、デザインの傾向やその価値がすぐにわかるというのがその技術だそうですが、正しい査定をしてもらうためには、豊富な経験や実績を身につけたプロの鑑定士による査定を希望したいところですが…。

5. 口コミが記載されています。といっても、デジタルウェブに寄せられた悪い口コミは他社からの「嫌がらせ行為」であり、不当な評価が書き込まれているとの批判内容でした。先述しましたが、やはり自社サービスに自信があるならば、このような他社への批判を自社のホームページに記載してしまうのはいかがなものか…と疑問を感じてしまいました。

6.       六つ目の記事では、制服を売るタイミングについてのページでした。それでもやはり他社への批判を匂わせるような文章でした。せっかく役立つ情報が見られると期待していたのですが、残念です。

7.       制服を買い取った後の取引の流れについて記載されていました。明確な取引の流れが記載されているのは安心できるでは内科と思いましたが、やっぱり他社との比較内容が中心でした。

8.9.八つめと九つめはなぜかどちらも「制服リサイクル店に~」のページにジャンプしました。リンク設定のミスなのかと思いますが、運営者が気づいて修正したりはしていないのが気になりました。

10.デジタルウェブ店主のアドバイス10カ条の最後は査定方法について、他社の査定方法を批判する内容でした。ここまで読み進めてくると「やっぱり…」と感じてしまいましたが、やっぱり誹謗中傷やネガティブな言葉だけがただひたすら書き込まれているのを見るのはあまり楽しい気持ちにはなれないものですね。

デジタルウェブが運営するブルセラショップ
さらにデジタルウェブが運営している別サイトでは、買い取った制服を高額で販売しているとの情報も。早速調べてみたところ、「ささのゆ」というアカウント名の学校制服の買取&販売をしている個人事業主が出品していることがわかりました。

ささのゆさんはtwittterを中心に宣伝活動を行っているようで、有名私立 学校の制服が写真付きで紹介されていました。どこから仕入れているのだろうと思われるような珍しい品物もありましたが、ところどころに競合を中傷するような書き込みが気になりました。

ささのゆさんが制服を出品している、ネットオークションサイト「制服市場」は、スクール水着なども販売されているブルセラショップで、会員登録を行えば、手数料0円で誰でも制服を得ることができるというサイトでした。ヤフオクなどの大手ネットオークションでは、制服の出品が禁止されているにもかかわらず、制服市場では日本全国から集められた制服がオークションにかけられていました。その価格は、ブラウスで7,000円〜、一般的な中学・高校の制服セット価格が30,000円〜、人気のある有名私立校の学生服だと、高いものでは300,000円〜で販売されているものもありました。

どれくらいの買取価格だったのかは不明ですが、こんなに高額で販売されているところを見ると、やっぱりデジタルウェブそのものがブルセラショップの一角であることは間違いなさそうです。そういえば、デジタルウェブのホームページ上では、買い取った制服をどんなお店で販売しているのかの明記はありませんでした。もしかしたら、格安で買い取った制服をこうした怪しいネットオークションで販売しているのかもしれませんね。

制服買取デジタルウェブの口コミ
上記にもお伝えしてきたとおり、デジタルウェブは制服買取業界で口コミ評価No.1とのこと。実際に利用した人の声を調査してみることにしました。

口コミサイトに掲載されている2018年の口コミを見ると
・買取額が低すぎる!絶対に利用したくないです!HPがいかがわしい感じだった時点で気付くべきでした。

・制服買取専門店 デジタルウェブ で制服を買い取ってもらいましたが後日調べたところ制服市場というオークションサイトでstaybluささのゆというIDを使って約5倍の価格で販売されていました。そんな高額価格で販売できるのならもっと高く買い取ってほしい。
買取金額が安い業者なので皆さん気を付けてください。

・がっかりでした。 広告と裏腹にかなり安く引き取られ、後からネットで見たら、同じ商品が倍以上三倍近い価格で売られていました。勉強不足の私がいけないのでしょうが、他店のお店でもこんな扱いを受けた事はありません。ひたすらびっくりです。

・ホームページを参考にして利用しましたが、全く内容に違いがあり、騙された気しかしませんでした。 数点査定をお願いしましたが、全くお話にならない内容でした。
返送されてきた箱もタバコ臭くなっており、不信感しかありません。

・買取額低すぎ!対応ひど過ぎ!二度とかかかわりたくないです!他の店にて倍以上で買取してもらいました。

などの書き込みが見られました。制服コレクターやアダルト目的でデジタルウェブを利用している人にとっては、デジタルウェブはとてもよいサイトなのかもしれません。しかし、これから学校で使おうと考えている本来の目的に基づいて利用を考えていた人にとっては、デジタルウェブの対応はとても満足のできるものではなかったようです。

【結論】制服買取デジタルウェブは怪しいブルセラショップだった
デジタルウェブのホームページや販売店、口コミサイトなどをあれこれ調査してわかったことは、一般的な制服買取業者に比べ、デジタルウェブのホームページはかなり怪しげなものであること、他者を誹謗中傷した文章が多く書き込まれているということでした。

さらに、ブルセラショップが多く点在する秋葉原には、デジタルウェブで買い取った制服や体操服を販売するブルセラショップ・デジタルウェーブがあり、店頭販売・通信販売の両方を展開しています。

デジタルウェブのその場しのぎのようなぞんざいなホームページからしても、雑な買取査定を行っているのではないかと、目を疑ってしまうような箇所もたくさん見受けられました。

大切なことなので、最後に重ねてお伝えしますが、「ブルセラショップでの制服買取は違法」です。使用済みの制服をインターネットやブルセラショップで安易に買い取ってもらう・販売するなどの行為は、青少年育成保護法に触れている可能性があります。「クリーニングに出さなくてもよい」という記載は匂いがついているものの方が高く売れるため。きちんとクリーニング済みのものを高く買い取ってくれる優良な制服買取業者を見つけることが何よりも重要なポイント。しっかり吟味してよい業者を選ぶようにしましょう。